スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫エイズ感染症(FIV)について

本記事は、ニャンコ達の預かりを申し出てくれた、岡山県のボランティア様(にゃいじぇる様)が記載されていたものを転載させて頂きました。m(_ _)m

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)とは、猫エイズ感染症とも言い、ワクチンの無い、ウイルス感染症で、恐ろしい病気の一つです。

最近、飼い主の猫エイズに対する関心も高くなってきていますが、まだまだ、知らない人も多くいます。

この病気は、一度感染すると、治す事は出来ません。どのように、病気を予防したり、感染した猫はどうすればいいか?飼い主の知識として、頭に入れておいた方がいいでしょう。


どんな病気なの?
猫エイズは人間と同じく、感染力自体はあまり高くない感染症です。『猫免疫不全ウイルス』と呼ばれる猫エイズウイルスが、感染する事によって免疫力が低下してくる事が特徴です。
しかし、そのウイルスを持っているだけで、症状が出ない事もあり、その時はストレスや体調に注意していれば、全く発病しない事も有ります。長い時は、そのまま症状が出ず、10年を越える場合もあるため、感染しているけども、エイズを発症せず天寿をまっとうする猫も少なく有りません。
その為、猫エイズの検査結果が陽性であっても『猫エイズ感染症』と言わず、発症した時点で初めて『猫エイズ感染症』となるのです。


どうやって感染するの?
感染の元になるのは、すでに猫エイズに感染している猫達です。このウイルスはもともと、感染力が弱いので、粘膜同士や血液同士など直接的な接触で移ります。空気感染などでは簡単に移りません。
一番多いのは、猫同士の喧嘩によるものです。また、交尾やお互いに舐め合う事でも移りますが、可能性は喧嘩ほどでは無いと言われています。
一番多い質問に『人間に感染しますか?』と言われますが、猫エイズと人間のエイズは全く別のウイルスなので、人間に感染する事はありません。逆に人間のエイズが猫に感染する事もありません。


どんな症状?
症状としてウイルスに感染1ヶ月後ぐらいに、一時な『発熱』『リンパ節の腫れ』が見られます。その後、ウイルスの感染によって、免疫力が低下してくるため、様々な病気にかかりやすく、また治りづらくなります。
例えば、なかなか口内炎が治らなかったり、目やにや鼻水が出やすくなったり、下痢を繰り返したりします。この時期を【急性期】と言い、体力の無い仔猫や、よほど重大な病を抱えている猫意外は、この時期に亡くなることはありません。
【急性期】を過ぎると、ウイルスはいったん攻撃を止め、猫の体内のリンパ球の中に潜んで、眠ってしまいます。すると猫は、病気が治ったかのように元の体調に戻り、2~3年…あるいは、それ以上無症状の時期が続きます。この時期を【無症状キャリアー期】と言います。
表面的には、普通の元気な猫に見えますが、ウイルスは猫の体内で、リンパ球をおかし、次第に機能を奪っていきます。
特徴な検査(リンパ球表面マーカー検査)をすると、徐々に病態が進行しているのがわかります。
無症状キャリアー期に進んだ病態が、一定限度を超すと、免疫不全症候群…いわゆる、エイズを発症してゆきます。
【発病期】に一番多いのは、『口内炎』です。
免疫力の低下により、発病やリンパ節の腫れ、怪我がなかなか治らなかったり、慢性的な下痢を繰り返し、痩せ細り、最後には死に至ります。感染から、最短5年ほどと言われています。
ここで気を付けなければいけないのが、【無症状キャリアー期】と【エイズ発病期】の端境期には、軽い症状を出す場合があります。
この軽い症状だけの時期を【エイズ関連症候群】と言って、エイズそのものとは区分されます。
軽い症状の時に、適切な治療をすれば、生命に関わる事はありません。


感染していると分かったら?
この病気に感染しているかどうかは、感染後2週間以上たてば、血液検査で簡単にわかります。
猫を拾って来たり、飼い猫でも、喧嘩をしてきて心配な場合は、検査を受けた方がいいでしょう。
ただし、仔猫の場合は、母猫からもらった抗体(移行抗体)がある程度残っているので、仮に、結果が『陽性』でも、数ヵ月後には陰転する(陰性になる)事もあります。
移行抗体がなくなる時期(生後3ヶ月)又は、確実な結果が出る、生後6ヶ月以上に検査する事をオススメします。
ウイルスに感染すると、根本的な治療は難しいと言われます。
よって、症状を和らげる治療になります。
感染後、急性期以外であれば、症状を改善させたり、免疫力を上げたり、延命させる事は十分可能です。
例えば、口内炎を起こしたことで、痛くて食べれなくなっても、流動食にするなど、飼い主の工夫で、なんとか食べれるようになれば、体重も増え、免疫力が高まります。
逆に、諦めて放置してしまえば、徐々に痩せて免疫力が低下していき、発症して死んでしまいます。
また、ストレスは免疫力低下の原因になります。出来るだけ、ストレスを与えないようにして、より良い状態を保ち、抵抗力の維持に努め、発症を遅らせるようにします。
いわゆる、リンパ球の中で、眠っているエイズウイルスを刺激しないように、平穏な生活をさせる事で、ウイルスが再び起きて活動的になるのを、出来るだけ防ぐのです。

更に、もう一つ大切な事が有ります。
それは、猫エイズウイルス感染症の他にもう一つ、免疫力を弱める感染症に『猫白血病ウイルス感染症』があります。
この2つの病気、両方に感染してしまうと、感染猫の免疫力の低下は、単独感染に比べて早く、激烈に起こる事が知られています。
幸いなことに、白血病ウイルスは、ワクチンで予防出来るため、この病気から猫を守るために、エイズウイルスと混合感染で、病気の進行をさせないためにも、ワクチン接種は必須なのです。


予防方法は?
予防注射は、今現在、無いと思って下さい。
この病気は、直接感染のみで伝播していくので、エイズウイルスに感染した猫と接触させない事、いわゆる外に出さない事が肝心です。
日本の外猫の、猫エイズ感染率は、10%を越えているそうです。
飼い主は『外に出したら、感染してしまう』と思うくらいの気持ちを持ちましょう。
外猫の、平均寿命は5~6才で、この短命の大きな理由の一つとして、猫エイズがあると言われいるほどなのです。
もし、自分の猫が感染しても、それ以降は、絶対に外に出さないで下さい。例え、無症状キャリアー期であっても、ウイルスは体の中に潜んでいるので、その後、感染元となり、他の猫と接触する事により、病気が広がっていく可能性があるからです。

一番大事な事は、好きな時に好きなだけ外に出る、自由気ままな生活こそが、猫にふさわしい生き方のような気がしますが、人間に飼われている猫にとって、室内で、穏やかに生きることが、エイズウイルスと無縁と言え、一番の対処と言えるでしょう。
例え感染してしまったとしても、発病さえしなければ、長期に渡り生きる事が出来るのです。1日でも長く、楽しく、日々を過ごす為に、飼い主の気持ちと行動がとても大事です。


FIVワクチンについて
FIVワクチンについては2008年8月に、日本でもFIVワクチンが認可されました。

【フェロバロクスFIV】
共立製薬株式会社

【注意点】
予防率70%位
※FIVウイルスはエロンぺローブという脂質の膜により覆われ、このエロンぺローブにつく、糖たんぱく質の遺伝子構造の違いにより、A~Fまで6つのサブタイプが存在します。
日本では地域によって異なりますがサブタイプ
B…60~70%
A…20~30%
D…10~20%
C…若干存在
(北海道はA九州はDが多くなる)
予防率70%は、AとDに対するウイルスに対し直接防御実験の結果で、日本に多いBの直接防御実験のデータは無い。
Bは狭い部屋で感染猫と、2年間一緒に生活させた結果...
☆未接種8匹中4匹感染…感染率50%
☆接種済み6匹中0匹…感染率0%
この実験では、ただ単に感染をしなかっただけかもしれず、予防率ははっきりわかりません。
接種後、抗体検査結果が『陽性』になるため、以後感染したかどうかの判断がしにくくなります。

『接種前は、獣医とよく相談して、抗体検査を必ず受けて下さい。』
※猫にもよりますが、副作用で、発熱やアレルギーを起こす猫もいます。また、このFIVワクチンは不活化(死菌)ワクチンです。『ワクチン性線維肉腫』の発生の可能性もあります(1万匹に1匹の割合)

初年度3週間おきに3回、翌年度から1回接種。12ヶ月以上空いた場合、初年度同様3回接種が必要です。

今現在では、実験データも少ない為、FIVワクチンの導入を見送っている病院もあります。
猫の生活環境に応じて、FIVワクチンが必要かどうか?よく考えてから判断して下さい。
室内飼育の猫にFIVワクチンは必要ありませんが、外飼い猫には70%の予防率は高いと思います。
今後、実験や改良が進み、救いのFIVワクチンになる事を期待したいですね。

但し、誤解しないで下さい。
FIVワクチンを無闇に接種するより、FIV予防は直接感染を避ける事、つまり「完全室内飼いが前提」だと言う事を忘れないで下さい。
感染していない猫と感染猫を一緒に飼育する時の、もう一つの予防方法になるかも知れませんね。



猫エイズは怖い病気ですが、飼い主の愛情一つで、普通の猫と同じように生活ができ。長く一緒に過ごせることが出来ます。
病気になったと諦めず、たくさんの愛情で愛猫を包んであげて下さい。
スポンサーサイト

theme : 里親探し
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

猫エイズは人間にも感染するとドクターハウスで言っていましたが、本当に人間に感染しないと言い切れる情報なのでしょうか?
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

やな♪♪

Author:やな♪♪
およそ週1ペースで「ペプの闘病日記 +゚(プラス)」なる、ちゃチなブログを更新していマス(^。^;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。